まさかのメンヘラ化したからブログにしてみた。

精神科通院2年生。広場恐怖症、パニック障害、社交不安障害を突然発症した元アグレッシブ女子の記録。

【記念日♡】パニック障害やらになって2年が経過しました♡

 

ブログタイトルのテンションは気が狂ってるという事でよろしくお願いします!

 

 

▼あれは2年前

f:id:jidaraku91:20180316142259j:image

2016年の今頃だったと記憶している。

いつものように友人に会うために利用した電車内で異変は起きた。発作は30分くらいで治り、帰りは普通に電車に乗って帰った。

 

 

 

それから幾度も同じような症状を出した。ついに一人で交通機関を利用することが恐ろしくてたまらなくなった。

 

 

 

人と一緒でもダメになった。

もう京都に帰るほかないと思った。

 

 

 

f:id:jidaraku91:20180316142353j:image

ピンとこないかもしれないが、京都市内は割と自転車だけで生活できる街である。私は私としての自由を縮小せねばならなかったが、止むを得ないと心底から感じたし考えていた。

 

 

 

 

それから七転び八回転ほどして日常的な電車の利用を友人付き添いの元で初めて1年が経過しようとしている。

 

 

 

昨年末から新しい友達が少しずつ出来て30分程度のタクシー利用も出来るようになった。持つべきものは自分の意志と愉快な時間を提供してくれる人々の存在なのかもしれない。

 

 

 

これは一概には言えないから同じ症状で悩む人は自分の求めるものと好きだったものや安心するものなどを原点的な立場から考えて見てほしい。

 

 

 

答えは自分の外にもある。

何が答えであるかを決める自由もある。

 

 

 

 

私は人を嫌うところがあるが、何を含めても人が好きなのだと思い知った。人格者にはなれないけれども愉快である事を目的に何かを作りたいと日夜考えていた頃の自分が夢に出て来た。

 

 

 

 

こうでもない、ああでもないと考えて嫌にもなったがもう一度やりたいと思えることが心の中で喚いてしまった。

 

 

 

ブログには書いていないが、先日病院へ行った。

 

 

 

眠るための薬を再び開始したが以前よりも効果がない。それでも3時間は眠れるから今は考えたい事や学習したい事と言った意欲的なものたちが広がりを見せていて、時間が長くあることを愛おしく思うようになった。

 

 

 

怖いものはある。

ずっとこのままだったら困る。

それでも受け入れる準備は嫌でも整ってしまうもので私の角はすっかり丸みを帯びてしまった。歳も重ねた。そして傷付けてしまった人たちと再び邂逅した。

 

 

 

全部うまくいくような気がした。

またなにかを欠けさせてしまうかもしれないとも思った。今が充分過ぎるのだ。不幸から目をそらす事を恐ろしいと思った。私は臆病者なのかもしれない。だからどうした、全員血だるまにしてやる。

 

 

 

しませんけど。

そんな加虐嗜好ない。

 

 

 

 

良くわからんけど一昨年よりずっと良い。去年よりもっと良い感じだと言いたかった。

 

 

だから何というか、突然この病気になって途方に暮れてこのブログに辿り着いてしまった君が少しでも希望を持ってくれたら私は嬉しい。

 

 

 

 

 

という日記的なブログもたまにはどうですか?