不安障害毒づきメモ(ブログセカンダリ)

幽霊実証ログのセカンダリ。毒吐いてパニ障の実践ログ。

自殺ダメゼッタイ的なサイトにメールを出してた結果から私が考えたこと

パニック障害歴1年のkiriぜよ!

パニック障害になるとパニ障やメンタル系の病気を持っていない人には理解できない、想像の外側の悩みが日々付いて回るわけだ。どれだけ考えても気持ちのあり方に答えはない。そんな訳で自殺ダメゼッタイ的な団体のサイトからメールを出してみた。

 

 

 

私が送った内容をコピペしたいんだけど専用サイトから送信したからログが残っていない。思い出す限りだと悩み相談的なメールを出した。

 

例えば

・卒業後の就活で不安障害をカミングアウトするべきか・否かをあなた自身の考えを教えてほしい

・同じコミュニティ内にいるパニックを理解できない人との付き合い方や考え方

 ・理解してもらおうと言う考えは捨てたが過去のカミングアウトで傷付いた部分と向き合う為に必要な考え方があれば知りたい

 

こんな感じのメールを出した。私が送った文章の1/3程度の文字数で3日後に返事が来た。以下、抜粋した内容である。

 

解決できるのならと、ここで答えや正解の行動指針を求める気持ちも無理もないでしょうが、そもそもそれがないから苦しんでこられたのですよね。ここではせめて辛い時の支えになれたらと思っていますので、思い詰めるようなときは抱えきれない気持ちをお聞かせください。

 

質問した事に対する返答は一切、返ってこなかったwwwww

まあね?私が出したメールの冒頭は確か「自殺する気はない」と書いちゃってるからね。メンタル系でお悩みの方もメールどうぞと書いてたけど返信がお粗末過ぎて逆に悲しくなった。簡単な返信が来るのは仕方ないのかもしれない。死ぬ気ないと言ってる時点で扱い方に差があるのかも。

 

 

 

ああいうサイトは悲しい事や苦しい時の話し相手になる場所だという事がわかった。

 

 

 

受け取り方なんだろうけど『ここは行動指針を求める場じゃないよ!辛い時とか苦しい時に話しにきてね!』ということだよね。悩みと苦しみってセットだと思うんだ。ハンバーガーには炭酸飲料!てくらいの深い繋がりがあると思う。

 

 

 

こういうサービスは逆に人を追い詰める事もあるから安易に相談するもんじゃないと思った。

例えば昨年4月の診断を受けた時点でこのメールを利用していたら恐らく私は絶望して死んでいたかもしれない。私はどうすればいいの?という一言がおはようからおやすみまで頭の中に回るんだ。答えが欲しくて何にも無くて自死が最もな答えのようにも思えた日もある。死は安直安易な判断ではなく、たった一つ残った手段に思えたね。正直。

 

 

 

希望や安心が人を生かすならそんな言葉の一つでも吐いて欲しいものである。しかし自分の気持ちに対する共感や慈しみのある一言が欲しい訳じゃない。むしろそんな言葉を吐いてみろ?自分が惨めったらしくて頭の中のkiri1がショック死する。

 

 

 

質問した答えが返ってこない。

運営側が自分の意見を書く事が禁止されているのであればその旨を伝えるべきかと思う。自殺する人達は追い詰められて死を選ぶという事を書いてるわりに追い詰める側に加担してる事もあるんじゃないのかなとも思った。こんなメール一つに励まされて生きようと考え直す人がいると言う事は、此処まで来てもこの程度かと失望して死ぬ奴もいるだろうなと思った。

 

 

 

私はパニック障害がどのような病気かを知ってもらう活動よりもパニック障害を持ってしまった時、どのように生きて、考え方をどう変化させて卑屈さを最低限にして生きていけるかを提案できる立場でありたいと思った。

 

 

 

どうやら今回の相談センター?には私の求める答えや提案は無かった。むしろ残念に思って落ち込んだ。きっとメールを読んだ相手はマニュアルを自分なりの書き方にしたものを送り付けたんだろう。

 

 

 

ちなみに返事は以下のように送った。

アドバイスをくれる場というよりも葛藤している事だとか苦しさを話す場だったのですね。思いを誰かに理解してもらうよりもこの状況(不安障害であることとか)をどのように受け止めて、理解を強要せずに生きていくかを考えたかったので質問する場を間違えました。変な質問してすいませんでした。色々諦めるキッカケになりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

『色々と諦めるキッカケになりました』に込めたこと

私はこのようにブログのネタにしてるけど本当に悩んでいる事がクッソ大量にある。普段はケロリとしてるが現状は全然良くなってない。誰に話しても答えはなく自分のなかにも答えがない。解決の糸口を探して出したメール。きっとある程度の知識と経験のある人だろうから答えにならないとしても元気くらい貰えるんじゃないかなと期待した。そんなものなかった。いい勉強になりました!クソ!という気持ち。

 

 

 

辛いことや悲しい事を話して何になるの?

こっちとしては何一つとして思い出したくもない。一刻も早く立ち直りたい。診断を受ける前、パニック発作を出す前のフットワークの軽い自分に戻りたいだけだ。妙に卑屈になった性格を隠す息苦しさも捨てたい。

 

 

 

 

人に理解を強要しそうで恐ろしくて相談できない事が死ぬほどある。それでも今までと何も変わっていないような顔をして生ている。道化は最大の防御か。私は私の平穏な日々を取り戻したいだけだ。むしろ新しく作るくらいの心持だ。もうどうでもいいから書けるだけ書いた。ヤケクソダ!ヤケクソ!

 

 

 

▼分かったこと

・いのち守る系運営の人達でも不安障害について知識が乏しい事もあるようだ。

・苦しい事を書いて「がんばりましたね」と言われる場所。だからなに?って感じ。

・無料で受けられるカウンセリングみたいな感じ

・ガッカリ通り越して元気0

 

 

 

ps.

素直になりましょう的な事や宗教勧誘は御断りだぞ。自分捻じ曲げて考え方を型に嵌められるくらいなら毎晩腹筋100回する方がマシ!

 

 

おしまい

jidaraku91.hatenablog.com

twitter.com

www.instagram.com