不安障害毒づきメモ(ブログセカンダリ)

幽霊実証ログのセカンダリ。毒吐いてパニ障の実践ログ。

【パニ障】うわあ…突き刺さる。でも事実なんだよなと思ったこと

jidaraku91.hatenadiary.com

パニック障害について5月半ばにゴッソリと記事を書いてから、あの記事の完成度に納得がいかずに悶々とした日々を送った。自分のなかで何を書きたいのか、何を知ってもらいたいのかが不透明だからだろう。しかし結局はブログ、完成度よりも数である

 

 

 

ここ2週間、あんまりパニック障害の経過が良くない。おかげで1年前に擦り減った自信がさらに減ってしまった。パニックと診断された頃はまだ幸せだったとすら思える。半年も経てば治まってるだろうと甘く考えられる余裕が一握りはあったのだから。今ではこの状態をキープして、どうやって人生の満足度を下げずに生きていくかを問う事が増えた。

 

 

ちなみに私は大学院に進みとある資格をゲットしたのちに人と接する機会の多い仕事に就く予定だった。その他にプライベートで考えていた予定もあった。それらを改めて整理していくと就活に参戦できるのか?もし病気が治っていなかった場合、面接時に打ち明ける必要があるのか等を考えた。目に見える精神病の厄介な点である。

 

 

質問サイトを漁っていたらこのようなアンサーがあった。

パニック障害を職場に打ち明けるべきか?という質問。

そのような病気があると分かっているなら、接客業に就くべきではありません。見ている側としては気分の良いものではなく、迷惑以外の何者でもありません。あなたが急ぎの用で電車に乗っていて、誰か倒れて電車が遅延したら、好きで倒れる人などいないのは分かっていても、迷惑と感じるでしょう。同じ飲食店でも皿洗い等、お客さんに直接接することがない業種を選びましょう。どんな仕事に就くにしても、就業中は薬等で対処できるよう、医師に相談してください。上記をふまえた上で、私としては打ち明けない方が良いと思います。

 

終わった。ジ・エンド。

解ってた。見当くらいついていたさ。

発作を出して業務が遅れたら皺寄せは誰に行くんだろう。そこに加えて交通機関の利用が難しいから出張不可、自分にムチ打って行ったとしてやらかしたら誰が責任を取るの?上司?『土下座だな』と確信する所まで想像出来るわ。

 

 

▼疑問なんだけど

どういう条件で病状が出るかは、ご自分でもある程度理解している筈です。神経系統の病を持っていても、一見普通にしている人は沢山います。皆それぞれ失敗はありながらも、環境や対処法を考えて普通にしています。あなたにも合った環境や対処法がみつかると思います。無理に頑張って他の人と同じことをするのではなく、症状が出ることもあると考慮しておきましょう

viaバイト先にパニック障害持ちと打ち明けた方がよいか - 不安障害・適応障害・パニック障害 [締切済 - 2015/02/25] | 教えて!goo

どういう条件で発作が出るかについてなんだけど箱モノ(電車・エレベーター等)がダメなのはまあ普通だよね。だけど時々に『え?ここで?!』という事が稀にある。自分でも解らない条件が揃って予期不安発動からの発作とかあるんだけどもう就職を視野に入れない方がいいかな?!

 

 

予期不安でモロモロと動揺していても顔には出ない(人が多い)からそういう意味で普通にしてるって事なのだろうか。

 

 

 

ちなみに私はポーカーフェイス野郎である。顔色が悪くなって無口になったら4割を占める確率で発作を起こして床にフェードアウトするスタイル。頓服キメてれば「ほんと死ぬ!もう死ぬ!」という意識に傾いても立っていられないけど立ち続ける事が出来る時もあると経験知した。ダメなときは膝の皿を割る勢いでガクゥゥンいくけど。

 

 

 

パニック発作、マジでよく分からない。

1周年記念とか言ってる場合じゃない。昨年、京都に引き返してから殆ど心霊スポット以外に外出しなかった。いや、したっけ?思い出せない。

 

 

 

昨年12月に東京にガッツリ帰ってからわりと元気を取り戻して行動的になったと記憶してる。そんなわけで未だに自分の病状もパニック障害も理解できていない。

 

 

 

ちなみに教えてgoo!の質問者のように飲食店へバイトに行くことは今後ない。二十歳そこそこの時に京都にある老舗カフェ、フラン●ア喫茶室で働いたとき心底から思った。私は飲食に向いていないと。珈琲カップがカチャカチャいう~!むり~!

 

 

 

う~ん。

電車で倒れて数分遅らせてしまった時、車内の過半数に邪見に思われる現実を受け入れないと社会に戻れないよな。発作の恐怖も受け入れて慣れるものじゃないと知りながら繰り返すしかない。人生って思ったより手がかかる。めんどくせ~と思った。

 

 

 

▼まとめ

・人生は諦め6割、希望4割

・神経性は人それぞれとしか言えない

・一貫してるのは箱モノ苦手部の部員はパニ障

・頓服の効きが未だに分からない

・謎だらけ

 

 

おしまい

 

▼ブログ本家

jidaraku91.hatenablog.com

www.instagram.com

twitter.com